平成28年度「ふれあいキッズ・プログラム」を、10月23日(日)に開催しました!

2016/11/10

 福島県青少年会館では、10月23日(日)に平成28年度「ふれあいキッズ・プログラム」を開催しました。
 ガールスカウト福島県連盟の『ミニオリンピック』では、ミニオリンピック4種目にチャレンジしながら、思う存分に身体を
動かして遊ぶことができました。『手作りコーナー』では、クラフト材料を使ってお気に入りの作品づくりをして、楽しんでい
ただきました。


 福島県青少年育成県民会議による『陶芸教室』では、会津本郷焼 宗像窯9代目 宗像利訓氏のご指導の下、それぞれが
お気に入りの作品を作ることができました。また、ミニミニコンサートやゲーム、クイズ等も行いました。


 屋外では、信夫の杜鉄道さんによるミニ新幹線(こまち、やまびこ)が走行し、寒いながらも大人気でした!

 福島南子ども劇場さんの『変身ハロウィンパーティー!』では、自分で作った動物やキャラクターのマスクで変身しました。
 また、同じ部屋内に作られた洞窟の迷路を探検して、遊びました。

 福島大学児童文化研究会さんの『わくわくひろば』では、楽しい人形劇、影絵、紙芝居等が上演され、たくさんのご家族に
お集まりいただきました。

 福島大学美術研究会さんの『アートコーナー』では、似顔絵を描いてもらったり、キーホルダーやブローチ、鳩笛やクリップ
等のかわいい小物の展示販売も好評でした!

 ボーイスカウト福島連盟さんによる『わくわくスカウト技能体験』では、実用的なスカウトのロープ結びを学んだり、吹矢や
ナットつみ競争が行われました。

 みちげさんによる『バルーンアート』では、その場でリクエストに応じて、アンパンマンやミニーマウス、ハロウィンパンプ
キン等を作っていただきました。

 福島県レクリエーション協会さんによる『室内ゲームコーナー』では、西アフリカで生まれた頭のスポーツ“マンカラ”を
行いました。初めての人もすぐに覚えられて、子どもから大人まで夢中になれるボードゲームです!

 福島県青少年団体連絡協議会による『レスキュー隊出動!』では、広場両側の樹木に救助用ロープを水平に展張し、その上
を渡る体験活動を楽しんでいただきました。