主催・共催事業のご案内

福島県青少年会館では、青少年が置かれている社会状況や生活環境の変化などを踏まえながら、さまざまな自主企画事業を行っています。今年度も、当館入居団体やボランティア活動を推進する団体などと連携のもと、青少年活動の活動拠点として、子ども ・ 若者の健やかな育成に向けた活動、困難を抱える子どもたちを応援する活動、子育て世代への支援などの取り組みを進めています。
さらに、福島県の委託を受けて運営している「ふくしま結婚・子育て応援センター」の事業内容の充実を図りながら、若者・子育て世代への各種サポート事業を展開します。

福島県青少年会館の主催・共催事業

ふれあいキッズ・プログラム

子どもたちを取り巻く社会環境が大きく変化する中、特に、東日本大震災や原発事故による様々な問題を抱える福島の子どもたちに、大人や保護者と一緒に楽しみ交流を深める場を提供し、地域や家族との絆を深めるきっかけにしていただくための、エンターテインメント・イベントを開催します。
なお、平成30年度のふれあいキッズ・プログラムは、耐震改修工事等の関係から、やむを得ず中止させていただきます。

(H29年度の様子)

「夏の思い出」ものづくり体験事業

福島県を代表する伝統工芸品である「会津本郷焼」の窯元の陶芸家を指導者に迎えて、小学校高学年から中学校程度の児童・生徒を対象に、小皿や茶碗を作る陶芸教室を開催します。今年度も、7月21日(土)に開催の予定です。

福島っ子ガンバレ・レクリエーション普及事業

震災と原発事故により体力低下が懸念される福島っ子に『元気と笑顔』を届けるため、子どもたちの体力づくりと交流を深めながら、レクリエーション活動普及と推進のため「福島っ子ガンバレ・レクリエーション普及事業」を行います。平成31年3月2日(土)の開催予定です。

すぎのめ子ども宿

地域の子どもたちが青少年会館に寝泊まりしながら、地域ぐるみの子育て、日常生活における共同作業の重要性について地域ぐるみで考える事業を実施します。7月26日(木)~28日(土)の開催予定です。

青少年会館ボランティア団体活動支援事業

青少年会館の事業などにボランティアとして参加協力していただける団体を対象に、その団体が行う青少年育成等の活動を支援します。

子育てサロン等支援事業

子育て中のファミリーを支援する福島県助産師会の活動を側面から支援し、活動が効果的に展開できるように協力することを目的として、実施します。

大人が変わるためのセミナー

青少年を取り巻く社会・環境の変化、大震災と原発問題など青少年が抱える様々な困難について理解を深め、それに対する親の心構えなどについて考えるためのセミナーを福島県青少年育成県民会議と共催で年4回開催します。

青少年情報ステーション事業(随時)

青少年に関係するイベント情報や有益な各種情報、また、子ども・若者支援に関する各種の情報など、広く一般に周知を図るためのチラシやポスターなどを収集し、それらを設置、掲示して情報の発信を行います。

「成果発表・作品展示」支援事業(随時)

青少年が自ら活動している団体や青少年の健全育成を実践している団体の日頃の活動成果を発表する場として、当館のロビーや研修室などを活用し、中・高校生などの絵画や書道、デザインなどの展示物を掲示するコーナーを設置し、期間を定めて、無償で提供します。

詳しくはこちら

青少年活動助成事業(随時)

青少年の健全育成を目的として、宿泊体験や社会体験、自然体験活動などのプログラムを展開する団体や青少年指導者等の研修会を対象に経費の一部を助成することにより、さらなる活動の活性化を促進します。

詳しくはこちら

子育て支援パスポート事業(随時)

県内の子育て世代のファミリーが、当館に宿泊する際に「子育て支援パスポート(福島県:ファミたんカード)」を提示することにより、宿泊料金の優遇措置を受け、子育て支援の一助となるよう「子育てファミリー支援事業(子育て支援パスポート事業)」を行います。
※他県の同様事業で交付されるカードも適用になります。

詳しくはこちら